医院選びから

歯科用レントゲン

不正咬合を改善する場合、歯列矯正の治療を受ける方法が最善の策となります。となれば、矯正治療を受けられる歯科医院を探す必要があるということになります。 ここで、あなたは歯科医院の良しあしは何で決まると思いますか。パッと思いついたものは「自宅から近い」「治療費が安い」などでしょうか。これについては否定はしませんが、最優先して探すほどでは無いということを心に留めておく必要があります。 まず、治療を行う上で必要なことは知識と技術、それに経験です。これらは治療の専門性が高ければ高いほど要求されるものと捉えましょう。歯列矯正は歯科治療の中でも専門性が高く、すべての医師が完璧な治療を行えるわけではありません。医師も人ですから、得意不得意の分野があってもおかしくはないのです。

歯列矯正のために歯科医院を選択することのメリットはなんでしょうか。 まず、勘違いされやすいのが歯列矯正に使用する矯正器具についてです。矯正器具は精密検査をもとに患者に合わせた器具を造ります。そのため、医師の腕があまり関与せず、矯正器具が良ければどの歯科医院でも大差は無いと思いがちなのです。 しかし、矯正器具を装着したり、治療の経過を見るのは医師の役目です。医師に矯正学の知識や経験が無ければ、うまくいくものもうまくいかないというのが道理です。 また、知識や技術だけでなく、患者とのコミュニケーション能力が優れているかも重要となります。現在ではセカンドオピニオンを取り入れている医院も増えてきたので、複数箇所はまわるつもりでチェックすることをおすすめします。これにより、安心して治療に取り組むことができるのです。